生姜でピロリ菌を撃退!?

ピロリ菌って聞いたことありますか。ためしてガッテンでも紹介されていましたが、ピロリ菌は胃がんや胃潰瘍の原因にもなるらしく、日本人の実に半分程度はピロリ菌に感染していると言われています。特に中高年の大半は感染の度合いは違えど、大なり小なりピロリ菌を持っているようです。ピロリ菌に感染しているからといって必ずしも胃癌や胃潰瘍になるわけではありませんが、胃癌や胃潰瘍になった人の胃の中には例外なくピロリ菌が存在していたようです。人間の胃の中では胃酸が分泌され、食べ物を消化したり、細菌を撃退するなどの働きを担っています。胃酸はとても強力で、金属をも腐食させてしまうといいます。こんなに強力な胃酸が分泌されても胃が無事でいられるのは、胃粘膜が胃酸の攻撃から胃を守っているからなのです。では何故ピロリ菌は胃の中で生き続けることが出来るのでしょうか。実はピロリ菌はアルカリ性であるアンモニアを作り出すことで、胃酸を中和して自らを守っているのです。しかし胃酸を中和してくれるのであれば、一見胃潰瘍のリスクも減るような印象を受けてしまいます。しかし問題はピロリ菌がアンモニアを作り出す際に胃の粘膜を破壊している点にあります。ピロリ菌がアンモニアを作れば作る程、胃の粘膜は弱っていきますし、同時に活性酸素などの毒素も発生させています。その結果胃は自らが作り出した胃酸によってダメージを受け、胃潰瘍を患ってしまうというわけです。このようにピロリ菌は意外と恐ろしい存在であることは何となく分かったでしょう。現在病院ではピロリ菌の除菌をしてくれる薬も登場しているので、多少お金はかかりますが、心配であれば病院で受診してみると良いでしょう。ただ除菌率は100%では無いようですし、下痢や腹痛など何らかの副作用を訴える方もいますので、異変を感じたらすぐに医師に相談しましょう。またピロリ菌退治にはショウガも一定の効果があることが分かっています。生姜には強い殺菌効果がありますが、ピロリ菌をも死滅させる作用があるようです。なお生姜はピロリ菌を撃退するだけではありません。生姜に含まれるジンゲロールやショウガオールには、血流を改善する働きがありますし、抗炎症作用や抗酸化作用もあり、胃の粘膜の修復を促して胃炎や胃潰瘍の予防にも効果的であると言われています。いずれにせよ、早め早めの対応が大切です。ピロリ菌を侮ってはいけませんね。