生姜を食べると乗り物酔いしない?

あなたは乗り物酔いしたことありますか。電車で酔う人は少ないようですが、バスやタクシーなどの乗り物に乗ると酔うという人は意外と多いようです。昔、「酔うと思うから酔うんだ」と親に言われたものですが、そもそも何故乗り物酔いしてしまうのでしょうか。これは乗り物が揺れることで三半規管が刺激され、平衡感覚がマヒするからだと考えられていますが、、そもそも車の中の臭いに酔ってしまうという人もいるようです。どこかにお出かけするときは車やバス、電車などは何かしら使いますので、乗り物酔いが無くなればもっとお出かけを楽しめるのにと思いませんか。そんなときは生姜を食べると酔いにくくなりますから、お出かけがさらに楽しくなると思います。乗り物酔いに限らず、二日酔いなど、吐き気をもよおす症状に生姜が効くのですね。ですからつわりがひどいという人も生姜を食べることで症状が緩和されることがあるようです。では何故生姜が乗り物酔いの予防に効くのでしょうか。人間がそもそも吐き気を感じるのは、空腹が続いているときや、逆に食べ物を食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたときですね。こういう状態のときは胃酸が過剰に分泌されるので、吐き気を感じるわけです。乗り物酔いも一種の自律神経失調の状態ですから、胃腸などの内臓の働きに異常が生じるのでしょう。生姜は胃酸過多の状態を改善したり、消化吸収も助けてくれますから、吐き気が治まるのでしょう。薬などと違って副作用が無い点も生姜の魅力ですね。