生姜の保存方法と保存期間

生姜は常温のままでも保存できますが、冷蔵庫や冷凍庫に入れておいた方が長持ちします。ちなみに常温だと1,2週間が限度ですが、冷蔵、冷凍すると1ヶ月以上持ちます。生姜を長期保存するための適温は13度から15度程度なので、夏場だと冷蔵庫に入れた方が良いかもしれません。また冷蔵庫に入れるときは新聞紙やラップなどで包んでおくと、さらに長持ちします。生姜を頻繁に使うという人ならまだしもあまり料理をしないという人は、久々に生姜を使おうとすると腐っていることがあります。生姜は一旦カットしても冷暗所に入れておけば1ヶ月程度は持ちますから、1回分の大きさにカットして保存しておくと便利です。さらに水を張った瓶やタッパなどに入れておくと腐りにくくなります。ただお水は2,3日に1回変えるようにしてください。さらに生姜は冷凍庫に入れておくと、さらに長期間保存できます。解凍する必要もなく、そのまま調理できるので便利ですよ。この場合も1回分の大きさにカットしておいたり、擦り下ろしておくと次回使いやすいです。生姜は一旦擦り下ろすと1日と日持ちしないので、冷凍保存がベストです。ただ冷凍するとジンゲロールやショウガオールの成分が薄れることもあります。ですから生姜を長期保存しつつ、栄養価を失わせたくない場合は乾燥生姜はおすすめです。乾燥生姜は薄切りにして、2,3日天日干しすれば出来ますから、出来そうな方はやってみてください。