逆流性食道炎を防ぐ生姜の働き

逆流性食道炎って知っていますか。最近CMでも良く耳にする言葉ですが、逆流性食道炎にお悩みなら是非生姜を食すようにしてください。これから生姜が持つ働きについて解説していきますが、生姜は冷え性対策にも効果的な食べ物であります。実は冷え性の人に逆流性食道炎を抱えている人が多く、原因について多くの共通点があるのです。冷え性の人は内臓の冷えも抱えており、内臓の温度が低い傾向にあります。当然内臓は一定の温度がないと上手く働くことが出来ません。胃腸が上手く働かないと、食べ物の消化吸収も出来ませんから、逆流性食道炎を引き起す原因となるわけです。なお、生姜にはジンジベインという成分が含まれておりますが、ジンジベインにはたんぱく質の分解酵素が含まれており、たんぱく質の消化吸収を助け、胃腸の機能低下をフォローします。また逆流性食道炎は胃酸が過剰に分泌されているために起こるのですが、その結果吐き気をもよおしたり、胃がむかむかするといった症状が出てきます。その名の通り、胃酸が逆流して、食道の粘膜を傷つけて炎症を起こしたりするわけですが、この状態が長く続くと食道癌などの発症リスクを高めることになります。ですからまずは胃酸の過剰分泌を抑えて吐き気を止め、食道の炎症を鎮めなければなりませんが、そのために生姜が有効な働きをするのです。生姜にはジンキベレンという成分が含まれています。このジンキベレンは生姜の主要成分の一つで、胃を健康な状態にする作用があり、胃酸の過剰分泌を止めて、吐き気を抑える働きがあります。そのため、二日酔いやつわりがひどいときにも生姜を摂取することで、吐き気を軽減させることが出来るのです。ちなみに二日酔いに効くウコンにも、ジンキベレンが含まれています。生姜はこのほかに炎症を鎮める作用もありますから、生姜を日々食すことが大切だと分かります。しかしながら生姜を食べる機会ってそんなにありませんよね。生姜を使った料理といえば、生姜焼きがありますが、毎日生姜焼きを食べるわけにはいきません。そんな生姜のレパートリーが少ない方におすすめなのが「ガリ」です。ガリを作っておいて、毎日の食卓に添えると良いでしょう。