生姜はアレルギー体質を改善する

現代社会はストレス社会に加え、排気ガスや化学物質に取り囲まれ、体の中に毒素が溜まりやすい環境となっています。
それに加えて代謝機能の悪い人はどんどんと毒素を蓄積させ、アレルギー性疾患を引き起こしてしまいます。

アレルギー体質という人は元々代謝機能が低く、毒素を排出するのが上手ではないのですね。
ですからなるべく毒素を体内に入れないようにすれば良いのですが、現代社会で生きている以上、それは中々難しいのです。

ではどうすれば良いか、代謝機能をアップさせて毒素を排出すれば良いのです。
最近は汗をかいた覚えが無いという人も多いのではないでしょうか。

汗をかかないような生活は代謝機能の低下をもたらし、アトピーやにきびなどの皮膚疾患を引き起こすこともあります。
つまり皮膚のターンオーバーが正常に行われないということです。

現代は実にこのような体質の人が増えています。
代謝が悪いと、体に色々な障害が出てきます。

冷え性や便秘、肩こり、腰痛、むくみなどを患っていると言う人は代謝機能が低下している可能性が大です。
ここで覚えておいて欲しいのは、代謝機能を正常にするには体を冷やさない、特に内臓を冷やさないということが大切なのです。

では内臓を冷やさないためにはどうすればよいか、それは生姜を食べることなんです。
生姜は古くから漢方や香辛料として利用され、その薬効は昔から重宝されています。

体を作っているのは毎日の食生活ですから、代謝機能を取り戻すにも食生活を正すことが大切です。
生姜には血管を拡張して血流を改善する他、殺菌作用や抗炎症作用、発汗作用があるので代謝機能を正常な状態にすることが出来ます。

最近の研究では喘息やアトピー性皮膚炎の改善にも大きな効果があることが分かっています。
その生姜の効果の秘密はショウガオールと呼ばれる成分で、ヒスタミンの放出を抑制し、アレルギー疾患の炎症や痒みを抑えると言われます。

このヒスタミンこそアレルギーの元凶ですから、ヒスタミンの生成を抑えればアレルギー症状は改善するわけです。
なおヒスタミンの生成を抑えるにはレンコンも良いと言われますが、れんこんのアトピー予防効果についてはこちらをご覧ください。

さらに生姜に含まれるジンベイジンと呼ばれる消化酵素はたんぱく質の消化を促進し、胃腸の働きを改善することも分かっています。
腸内環境が乱れると免疫力が低下するので、アレルギー疾患になりやすくなるのです。

このように生姜に含まれる成分がアトピーなどのアレルギー疾患を防ぐことが期待されます。
アレルギーにお悩みの方は是非生姜をお試しください。